Return to site

宮本茶屋

高齢者買物支援・多世代交流の新しい場

· 見付に暮らす人々

宮本茶屋は、主に見付の東側の地区、住吉町・地脇町・権現町などのお年寄りから「近くの商店が次々に廃業してしまい、日々の買物に困っている」という声を受け、見付地区の福祉を担う見付地区社会福祉協議会が中心となり、月に一回、住吉町公会堂で実施されている催しです。

当日は、日々お買い物に不便を感じているお年寄り、またお買い物の手助けを行う中学生・小学生が5~6人のチームを作り、見付・本通りの商店へ一緒に出掛け、商店まで道中は普段中々接する機会の無い多世代の交流を育み、買物を楽しんだり、お店まで出掛けられないお年寄りからは買ってきて欲しい商品をヒアリングし代わりにお買い物をしてくる買物代行を実施しています。

又、会場となっている住吉町公会堂では、磐田市内の農家さんからご提供頂いた朝採れ新鮮野菜も格安で販売されています。

お店へ向かう道中では、お年寄りが見付の街の昔の様子を子どもたちに伝えたり、会場ではいろんな世代がトランプやあやとりなど一緒にゲームを楽しんだりと、現代では希薄になってしまっている地域の多世代交流を育む貴重な場となっています。

当日は、買物支援を受けるには事前の申し込みが必要となりますが、見学は自由に参加することができます。

ご興味がある方は、ぜひご参加ください。

※平成29年度は下記日程での開催を予定しています。

・5月27日 ・6月24日 ・7月22日 ・8月19日 ・9月16日 

・10月21日 ・11月11日 ・12月16日 ・平成30年1月20日

・2月10日 ・3月17日

 開始時間は全て AM9:00~

場所:住吉公会堂 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly