Return to site

見付天神への表参道「元天神道」

· 見付のスポット

現在は、本通りと呼ばれる見付宿のメイン通りから見付天神(矢奈比賣神社)へ通じる道が表参道となり、「天神道」と呼ばれていますが、江戸中期頃までは愛宕山一里塚から見付天神へ通じる道が表参道とされ、江戸時代後期以降は「元天神道」と呼ばれています。

現在も大正9年に建てられた石碑が残っています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly